MENU

 送別会の後は忙しい日々が続き、残業も多くなっていました。
仕事が忙しい事はいいことなのかもしれませんが、なかなかストレスも溜まってきてしまうものです。
やっとこの仕事も峠を越えて、その日は残業も早めに切り上げることができました。
最後まで残ったのが私と、セフレを作って楽しんでいるという部下でした。
夕食がてら居酒屋にでも行くかと誘ってみると、満面の笑みで付いていきますと話してきました。
仕事の峠も超えて安心感もあり、空腹の胃袋にビールがとてもおいしく感じました。
つまみも食べながら飲んで行きましたから空腹も満たされていき、酔いもほどよく回ってきた頃にあの話を向けてみたのです。
「セフレっていうのはどうだ最近は?」
「ああ、あれですか。
結構順調ですよ!アプリで簡単に相手探してるから、我慢できない時なんか重宝しているんです」
相変わらずセフレアプリを利用してセックスを楽しんでいるようでした。
「部長は家庭内ではどうなんですか?」
「疾うの昔にセックスレスに決まってるだろ(笑)」
「浮気とかしないんですか?」
「妻にバレたら大変な事になるだろう」
「だったらセフレなんかバッチリじゃないですか。

その場限りで関係を持って別れることができるんですから」
やたらニヤニヤしながら下ネタに付き合ってくる部下、セックスを十分に満喫している自信に溢れているようでした。
「そのアプリで本当に相手を見つけられるのか?」
「全く問題なくみつける事ができてますよ!
だけど、注意が必要な点として適当なアプリは利用しないことっていうのがあるんですよね」
「それは何か危険性でもあるのか?」
「そうなんですよ、悪質なアプリとかあるから要注意なんですよね」
スマホ利用を始めたばかりで、アプリの事情など全く知りませんでしたから驚かされてしまいました。

 

定番アプリ登録無料
セフレアプリランキング
女子大生をセフレにしたいなら迷わずコレ!